横浜の堀(運河)と橋 04

2020年1月17日(金)
谷戸橋 其の1

堀川
万延元年(1860年)堀川開削-「谷戸橋」・「前田橋」木橋
文久元年(1861年)9月に架橋「西之橋」木橋 
明治4年(1871年)-堀川浚渫・拡幅
「谷戸橋」・「前田橋」再架橋・「西之橋」不明
水深4フィート(約1.2m)・幅120フィート(約36m)


谷戸橋
万延元年(1860年) 木橋架橋
明治4年(1871年) 堀川拡張、木製トラス架け替え
明治20年(1887年) 横浜で4番目の鉄橋架橋

木橋時代 万延元年(1860年)~明治4年(1871年) 

1860-谷戸橋-御開港横濱之全圖 橋本謙(玉蘭齋)画 万延元年(1860年)
1860-谷戸橋-御開港横浜之全図.jpg

1861-再改横濱風景 五雲亭貞秀 文久元年(1861年)-部分
1861-再改横濱風景 五雲亭貞秀 文久元年(1861年).jpg

1862-御開港横浜大絵図. 2編 橋本玉蘭斎 文久2年(1862年)-部分
1862-御開港横浜大絵図. 2編  橋本玉蘭斎 図-1.jpg

1862-谷戸橋-関門 
撮影者不明 文久2年(1862年)以降
関門は文久2年(1862年)~明治4年(1871年)まで設置
1862-谷戸橋-関門.jpg

1864-Beato 
横浜居留地パノラマ部分・ヘボン邸・20番はHoyからベアトへ
ベアト豚屋火事(慶応2年10月20日・1866年11月26日)でネガを失う(ベアト-24番乙)。
1864-ヘボン-Beato.jpg

1866-谷戸橋-御開港横浜之全図-慶応2年(1866年)-部分
1866-谷戸橋-御開港横浜之全図1866年-慶応2年.jpg

1866-武陽横浜一覧歌川広重(二代) 慶応2年(1866年)-部分 
1866-武陽横浜一覧歌川広重(二代) .jpg

1867-谷戸橋-横浜細見図. 其二 五雲亭貞秀 画 慶応3年(1867年)-部分
1867-谷戸橋-横浜細見図. 其二-1.jpg

1870-谷戸橋と39番ヘボン邸  明治4年(1871年)以前
1870-谷戸橋と39番ヘボン邸.jpg


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント