横浜の遊郭と火事の歴史-10

2020年2月19日(水)
横浜遊郭 - 高島町遊郭(期限付き)-3
明治5年11月(1872年12月)開業~明治14年(1881年)3月~5月撤去
長者町3丁目仮宅
明治14年(1881年)4月~明治15年(1882年)4月

明治13年(1880年)秋の風災害により年末ごろに移転した貸座敷があったという話あり。
最後の貸座敷が退去し真金町・永楽町に移転したのが明治21年(1888年)6月30日と記録あり。

主な遊女屋
岩亀楼(一丁目富士見橋海側)・神風楼(二丁目富士見橋際海側)・勢州楼・二葉楼・二神楼・天津楼・一月楼 
明治8年(1875年)10月神風楼新装3層の楼閣誕生
高島町一丁目→富士見橋→二丁目・三丁目・四丁目→萬里橋→五丁目・六丁目・七丁目・八丁目・大鷲神社・金比羅神社→月見橋→九丁目・十丁目・神奈川ステーション

高島町の大鷲神社・金比羅神社に関して場所も高島町七丁目海側でというくらいで情報が少ない。
高島台・権現山から神奈川駅に高島町を写した写真でも特定はできるものがない。
それと港崎時代にあった廓内と廓外の金毘羅を同じとみる勘違いも多い。

1880-改正銅版横浜地図-尾崎富五郎-明治13年(1880年)-高島町
1880-改正銅版横浜地図-尾崎富五郎-明治13年(1880年)-高島町.jpg

1880-改正銅版横浜地図-尾崎富五郎-明治13年(1880年)-月見橋
1880-改正銅版横浜地図-尾崎富五郎-明治13年(1880年)-月見橋.jpg

1880-改正銅版横浜地図-尾崎富五郎-明治13年(1880年)-七軒町
1880-改正銅版横浜地図-尾崎富五郎-明治13年(1880年)-七軒町.jpg

1874-加奈川高嶌町富士見橋之図-浪花上り芳雪(浪速)-明治7年(1874年)
1875-加奈川高嶌町富士見橋之図-浪花上り芳雪(浪速)-明治7年(1875年).jpg

神奈川県統計書によれば遊郭としではなく遊び場としての町は残ったようだ、ただ高島町となってはいるが長者町3丁目仮宅の記録かもと云う疑念は残る。
明治16年(1883年)-貸座敷25軒、娼妓257人
明治17年(1884年)-貸座敷23軒、娼妓227人
明治18年(1885年)-貸座敷13軒、娼妓162人
明治19年(1886年)-貸座敷8軒、娼妓123人
明治20年(1887年)-貸座敷8軒、娼妓117人
明治21年(1888年)-貸座敷0軒、娼妓0人

横浜遊郭地-範囲がよくわからない、もしかして永楽・真金へ移転開業した貸座敷のことだろうか。
明治16年(1883年)-貸座敷45軒、娼妓429人
明治17年(1884年)-貸座敷64軒、娼妓528人
明治18年(1885年)-貸座敷67軒、娼妓670人
明治19年(1886年)-貸座敷74軒、娼妓760人
明治20年(1887年)-貸座敷83軒、娼妓970人

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント