横浜の遊郭と火事の歴史-20

2020年3月3日(火)
横浜遊郭 – 料亭・料理屋

参照 
横浜市史稿-風俗編
昭和7年版-堀田璋左右-横浜市役所

横浜成功名誉鑑-開港五十年記念
明治43年7月-吉田忠吉-横浜商況新報社

町名丁目は出版年当時
1833-金港美人揃-清綱-明治16年(1833年)3月

金港美人揃-尾上五-富貴楼
(都川-歌之助・花筏-ゑひ)
金港美人揃-尾上五-富貴楼.jpg

金港美人揃-住よし町-千登勢
(新川村-小岑・金幣-都三)
金港美人揃-住よし町-千登勢.jpg

金港美人揃-相生三-嘉以古
(河村「川村屋」-田毎・岩泉-桐吉)
金港美人揃-相生三-嘉以古.jpg

金港美人揃-太田-豊玉葊(庵)
(山茂登-登喜・はやしや-小千代)
金港美人揃-太田-豊玉.jpg

金港美人揃 羽衣壱 三階 相模屋
金港美人揃 ときは町 八百藤


芸者数-大正10年(1921年)12月
関内147人-置屋65軒
関外221人-93軒
神奈川233人-135軒

芸者数-昭和4年(1929年)9月
関内68人-置屋35軒
関外89人-59軒
神奈川154人-85軒

料亭・料理屋

佐野茂-佐野屋茂左衛門
太田町三丁目
明治35年廃業

富貴楼-斎藤たけ(渡井たけ)
フウキロウではなく「ふっきろう」と言ったらしい。
明治2年(1869年)-駒形町新地-芸妓屋高田屋開店
明治4年(1871年)9月-松心亭跡地駒形町新地(相生町五丁目・馬車道より)-富貴楼開店
明治6年(1873年)3月22日-箱屋火事(黒土)にて焼失
明治6年(1873年)7月-富貴楼開店-尾上町五丁目87番地
明治28年(1895年)引退
明治31年(1898年)廃業
富貴楼-門頭の額-伊藤博文書
富貴楼-額.jpg

千登世割烹店(千登勢)-澤田コウ
住吉町六丁目79
明治14年(1881年)6月24日開業
昭和8年(1933年)当時健在

嘉以古(天麩羅-会席)→八百政割烹店-畠山政吉
相生町三丁目51番地
明治10年(1877年)ころ-嘉以古開店
明治36年(1903年)春-八百政割烹店開店
大正4年(1915年)当時健在

かね田(会席)-山田テツ子
尾上町五丁目89
明治39年尾上町店開店
大正4年(1915年)当時健在

満鐵料理店-渡辺久彌
伊勢佐木町二ノ20
明治43年(1910年)当時健在

桝金天麩羅店-斎藤あい子
太田町四丁目65
明治43年(1910年)当時健在

天金-辻村鐵三郎
伊勢佐木町一ノ10
明治22年(1889年)尾上町にて開店
明治35年(1902年)伊勢佐木町移転
明治43年(1910年)当時健在

鰻蒲焼店若菜-橋本吉蔵
住吉町五馬車道通
明治5年(1872年)開店
健在

あらゐ料理店-荒井半之輔
伊勢佐木町二ノ14
明治43年(1910年)当時健在

荒井屋牛肉店-荒井半七
伊勢佐木町二丁目14
明治7年(1874年)開店
明治43年(1910年)当時健在

荒井屋(牛鍋)-荒井庄兵衛
伊勢佐木町
明治28年(1895年)開店
健在

じゃのめや
伊勢佐木町
明治26年(1893年)開店
健在

開花亭洋食店-森井とめ
不老町一丁目22
先代因業屋チョンマゲで名を成す。
明治初年関内で開店
明治6年(1873年)大火にて焼失
不老町移転
明治43年(1910年)当時健在

太田の縄暖簾-高橋コト
末吉町二丁目19
慶応年間-吉田町にて肉の串刺しを商う
明治元年(1868年)-末吉町-先々代高橋音吉牛鍋店開店
太田なわのれんとして健在

創業は古いようだが上記の店のリストには登場しない店。

いなり寿司-株式会社 泉平
横浜市中区尾上町5丁目62番地
掘割川の土手で葦ず張りの屋台とあるが、どうやら派大岡川のことを堀川と言い慣わしていたのが伝わったようだ。
1839年創業(天保10年)とあるが、横浜ではなく江戸のことかもしれない。
健在

うなぎ-横濱八十八
明治43年(1910年)創業-割烹蒲焼料理
健在

最中-喜月堂
明治33年(1900年)3月本牧において創業
健在

パン-ウチキパン株式会社
明治21年(1888年)横浜ベーカリー宇千喜商店創業
健在

おでん酒-野毛おでん
吉田町一の十六 蕪山鐵五郎
明治36年(1903年)創業
健在


横浜中華街-南京町

安楽園-北京料理-羅佐臣
明治11年(1878年)来濱
明治36年(1903年)-恭安泰創業-山下町145
安楽園開店とされているのはこの年
大正13年(1924年)春-増築改造-安楽園開店
平成23年(2011年)5月-閉店

聘珍樓-中国広東料理-初代張(チョウ)氏
明治17年(1884年)創業
創業百三十余年。日本に現存する最古の中国料理店がうたい文句。
現存

萬珍樓-広州広東料理
明治6年(1873年)関帝廟創設
明治25年(1892年)開店
健在

江戸清-高橋清七
明治27年(1894年)開店
健在

會芳楼
明治3年(1870年)開店
明治10年(1877年)頃閉店

金陵酒家-広東料理
金陵=南京
大正15年(1926年)開店
現金陵-広東式炭焼肉類、モツ煮込み類


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント