中国ドラマ「瓔珞-エイラク」-39

21年4月14日(水)
那拉皇后=継皇后=嫻皇后=純帝継皇后
父親-輝發那拉氏訥爾布(満洲鑲藍旗→満洲正黄旗→満洲鑲藍旗)
瓔珞では嫻皇后は、ほぼ正史に近い位を受けている。
母親は瓔珞では13話で嫻妃の弟常寿が牢病死と聞き、自ら頭を打ち付け自殺。
正史-郎佳氏(ラァンギャ)、乾隆22年(1757年)2月10日死去。

父親訥爾布は瓔珞では那爾布、51話(乾隆16年?)で牢死(自害・皇太后により殺害)。
正史-生年、没年不詳(一説には1713年6月13日~1760年6月2日)
訥爾布は佐領(ニル・イ・エジェン)、三百人の壮丁を率いる。
乾隆15年(1750年)-一等承恩公。

真偽不明・乾隆25年(1760年6月2日)死去。
同じページに娘が皇后になる以前に死去とも書かれている。
乾隆30年6月-罪を受け削爵される(那拉皇后の帰京の影響)。
50話-親訥爾.jpg
嫻妃の弟常寿だが訥裡(ネリ)とされてるページ、百度百科は訥礼、ウイキペディアに訥里。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント