中国ドラマ「瓔珞-エイラク」-24

21年4月3日(土) 軸にしてほしかった三か所 この三か所の時間軸が物語の要として、設計図を書いて物語の進行をしたのだろうか。 意図的にずらしたならその目的は何だろう。 ・インロウ入宮・納蘭淳雪と陸晩晩の秀女選抜・愉貴人五阿哥出産 第一話-乾隆六年二月初二日(1741年) インロウ入宮・繍坊宮女 阿満・魏瓔寧(ウェイイ…
コメント:0

続きを読むread more

中国ドラマ「瓔珞-エイラク」-23

21年4月3日(土) 不安定なドラマ上の年代の揺れ動き たった一つの時代考証のミスがこのドラマの最大の欠点だ、乾隆十三年と挿入する場面のずれのせいで、小さなミスまで目立ってしまう。 妃嬪それぞれの動きはドラマの面白さを引き立てるので時代考証は正確でなくても、骨格がガタガタでは面白味も半減。 それをひいても日本の物より優れた点は多…
コメント:0

続きを読むread more