テーマ:いなりずし

2014年01月30日(木) 太子食品

今日の稲荷寿司はスーパーで買ったパックの味付け稲荷だ。 400gのごはんを合わせ酢で和えて10個分できるということだ。 鉄火丼が食べたくて2合の米を炊いている間に近くのローゼンへ出向いた、その際目に留まって買ってきておいたものだ。 国産大豆の油揚げ使用、自然のうまみ、味付け稲荷という名で化学調味料不使用というのにひかれた、どうも化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013年11月08日(金)2 ファミリーマート2

前回買えなかった助六と稲荷が今日は両方駅前のファミリーマートに置いてあった。 さっそく助六を買い入れ帰宅、お茶を沸かして準備を始めた。 さっちゃんの収録年度がよくわからない曲に、あなたへの数え唄、愛のおわりがある。 収録されたアルバムがあなたへの数え唄は平成10年(1998年)03月18日発売のベスト35であり、愛のおわり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013年11月04日(月)2 ファミリーマート

いつ行っても買えなかったファミリーマートの稲荷だが10時過ぎの配送直後に合わせて行ってみたのだが。 さっちゃんがラジオで披露した唄に、ここに幸ありという大津美子さんの大ヒット曲がある。 1990年01月01日(05日?)走れ歌謡曲にて披露 1990年10月19日走れ歌謡曲にて放送 2回のチャンスを逃がしてしまい音源を手に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013年11月02日(火)2  濱田屋

今朝、用事ができて出かけて、稲荷を買い入れたので2回目の書き込みだ。 大大阪音頭{デュエット下田健二} この歌をさっちゃんのシングルに数えていいものかはさておき昭和57年(1982年)テレビ大阪開局記念で出されたレコード会社9社競作の曲だ。 このEPのB面は太閤一代〈吾妻栄二郎&山岡哲山〉になっている。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013年11月01日 (金) あけぼの

じょんがら恋唄はさっちゃんのほぼすべてのアルバムに収録されている、この歌をカバーしているのは川野夏美さんだ、Youtubeでは年を重ねた川野夏美さんの広がりのある声も楽しめる。 作詞:松井由利夫  作曲:叶弦大 編曲:伊藤雪彦  また同じ題名でも違う唄があり吉幾三さんに水田竜子さんがリリースしている。 そしてあまり世に知ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013年10月24日(木) 京樽

雪の越後を後にしてはもちろんさっちゃん(村上幸子)のデビュー曲だ、自分が生歌で聞いたときはいい歌だと思ったがレコードやCDではデビュー当時のままのがそのまま使われている。 CDで最初に聞いたとき、なんでこのまま録音してレコードにしたんだろうと思うほどぎこちない歌い方だ。 B面の涙海峡の出来に比べて音程が不安定だ、リリースされた順から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013年10月23日(水) 知久屋

さっちゃんの不如帰は徳富蘆花の小説を題材に作詞:星野哲郎、作曲:桜田誠一、編曲:斎藤恒夫で1988年02月21日発売された。 虞美人草は夏目漱石の小説を題材に不如帰と同じ作詞:星野哲郎、作曲:桜田誠一、編曲:斎藤恒夫で昭和63年(1988年)10月10日発売の村上幸子デビュー10周年記念ZV-67に収録された。 同じアルバムには、放…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013年10月21日(月) 寿司岩

さっちゃんの代表曲といえば不如帰と言えるだろう、この歌をカバーした人は力を込めて歌う人が多い。 瀬口侑希さん、川野夏美さん。田川寿美さん、特に藤あや子さんは中でも力がこもっている。 さっちゃんはTVでは「ほぉとぉとぉ~ぎぃす~~」という個所は低い声からあがっていく声が美しく聞こえる。 今日は足慣らしで1時間ほど歩くつもりで横浜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013年10月18日(金) ライフ

石川さゆりのリリースした唄とカバーした唄をYouTubeで調べていたら、不如帰を歌っていたころのさっちゃんと同じ髪型をしている映像が出てきた。 演歌の人たちの間で流行っていたのだろうか。 さっちゃんがカバーした花咲港が好きでよく聞くが川中美幸の唄う元唄と聞き比べてもどちらとも軍配をあげられないほど好きな唄だが、他の人がカバーしていな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013年10月15日(火) 古市庵

今日はさっちゃんがカバーした恋あざみについて調べてみた。 勝彩也(かつあや)さんがテイチクから昭和45年(1970年)12月に発売した唄だ。 作詞:泉淳三 作曲:彩木雅夫 編曲 編曲:森岡賢一郎 声が森進一さんに似ているが、その森さんもこの歌をカバーしているほか小林幸子さん、瀬川瑛子さん、三沢あけみさん、八代亜紀さん、秋吉恵美…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013年10月14日(月)ローソン

朝、早くからさっちゃん(村上幸子)がカバーした唄のリストを眺めていて間違いに気が付いた。 題名が同じ唄が多くよく確かめないで人の記事を鵜呑みにしたせいだ。 「くちぐせ」という唄がそれで荒木一郎や研ナオコの歌ったくちぐせと勘違いしていた。 最近ではキム・ランヒの歌うくちぐせもある。 2013年1月23日発売 作詞:田久保真見 作曲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013年10月9日(水) セブンイレブン

ブログを開くのも久しぶりだ、前回の更新の後、入院をして手術を受けて先週の金曜日に退院したが何をするにしてもおっくうで胡坐を永くかけないには参った。 腹の傷は御大層なものでもないが、チクチクと治るようすが痛みとともにかゆくて困る。 椅子なら1時間は大丈夫だが入院前の2週間はほとんど歩くことができなかったので足の筋肉がダルダルだ、元から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013年09月23日(月)  米八

昨日おこわの米八のいなりをお土産にもらって3時に食べた。 新宿で買ってきたという稲荷は五目の上にシイタケではと思わせる色合いのキノコがのっている、栗のせは甘い栗がのっていた。 他のものも入れて5種のいなりは平均的に甘い油揚げに入れてある。 アイデアとしては悪くないが香りはそれほどでもない、いろいろな味のおこわを試したい人に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013年09月19日(木) 崎陽軒

今日の昼はシュウマイで有名な崎陽軒だ、久しぶりにここのいなり寿司を買ってみた。 稲荷4個、海苔巻2ケ 500円也  まず例のように写真を撮るため箱を開けラップをはがして並べ替える、駅弁屋らしく稲荷のつゆは少なめだ。 袋入りのガリは味がないと言っては身もふたもないが、物足りないのは確かだ。 稲荷の前に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013年09月09日(月)ローゼン 2

昨日のがあんまりひどいので前に食べた味がたしかめたくなり本日も昼はローゼンの稲荷だ。 3個入り180円 一口食べてだいぶ前に食べたのと同じで薄味ながら油揚げと酢飯の具合がちょうどよい。 取り立てて旨いというのではないが飽きない味だ、甘みも酸味も控えめだが稲荷寿司としての要点はおさえている。 仏教系稲荷で最も有…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013年09月08日(日) ローゼン

今日は朝を抜いたので昼に近くのスーパーへ行って黒糖稲荷という関西風の三角の稲荷を買ってきた。 2色入り六個198円、値段も値段だが関西風に酢飯がいっぱいに入っているでもなく、味も黒糖いなりいう名を名乗るほどでもない、2色というのはどうやら油揚げの色の濃淡のようだ、稲荷寿司を食べているというより油揚げを煮てご飯を入れてあるだけだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013年09月01日(日) 1 佐竹・御宿・清水扇・泉平(いなりずし) 

朝家を出るのが遅れたが、日曜の京浜東北はすいていた。 8時50分に神田駅の西口に降り立つともう9月だというのに熱気が襲ってきた。 西口商店街に入ると日陰は涼しい、入り口からほどなく石造りの鳥居が見える。 佐竹神社は往昔、江戸の佐竹侯藩邸内に安置崇敬され、明治二年その家紋扇が旭なるにより、旭町と命名して町家となり、爾来同町の鎮護…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013年08月27日(火) 3 被官稲荷・志乃多

めぐりんを浅草寺北(35番)で降りて被官稲荷へ向かった。 2時半を回って浅草寺は暑い、遠く見える本堂付近は人が大勢いる。 三社様(浅草神社)の裏手の稲荷は閑散としている、まずは参拝してのち写真を撮らせていただく。 表で由緒書きを読んでいた人に辰五郎はどこに住んでいたかなどいろいろ尋ねられた、まるで試験でも受けているように何くれと聞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013年08月26日(月) 3 志乃多

新小岩までの車内は寒いくらいで降りるとひなたを探して歩くくらいだが大汗かいてタオルで顔をぬぐう人もいて不思議な気もし、ここまで暑さを感じなかったが小川町の交差点に出ると熱気が襲ってきた、10時近くの都心は暑さが戻ってきた。 須田町で志乃多の脇を通り過ぎ、藪蕎麦の跡地を見に行ったが駐車場になったままでいまだに工事に至ってない、いつ再開す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013年08月25日(日) ローソン

稲荷ずしとしては鎌倉に入れてある光泉についで2回目。 雨の小やみになったのを見すましてローソンまで出かけた。 今朝は稲荷と割子そばのセット¥460なり。 いなりは甘みが自分にはちょうどいい、酸味は少し強め、難点は油揚げが固く思えることだ。 蕎麦はそれほどうまいとは思えないが、いつも海苔や山葵、ねぎを全部入れてしまうからかもしれな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013年08月22日(木)3 光泉

観光客の増えた鎌倉駅周辺の小町通りと違い北鎌倉は時間が止まったままだ。 12時を過ぎて北鎌倉駅を出てすぐわきにある光泉、お土産を持ったご婦人が出るのと入れ違いに店に入ったとき誰もいないのには驚かされた。 12年くらい前に訪れたとき「昔と変わらないな」と思えた店内が今日もそのまま(年月の経った汚れが目立つ)になっているのにさらに驚いた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more