横浜の遊郭と火事の歴史-19

2020年3月2日(月)
横浜遊郭 – 永楽町・真金町-8
明治15年5月(1882年)永楽町・眞金町への移転始まる。
明治29年(1896年)富士見川埋立完成。
昭和33年3月(1958年)売春防止法施行猶予期間終了-遊郭閉鎖

前に使った測量図からの貸座敷分布図は富士見川埋め立て前のものだったので埋立後、さらに大震災以降で番地が入っているものを参照にした。

左 明治30年(1897年)-右 明治33年(1900年)
1897-1900.jpg

1913-大正調査番地入横浜市全図-松信大助-大正2年(1913年)
1913-大正調査番地入横浜市全図-松信大助-大正2年(1913年).jpg

1957-新横浜市街図 中央部(『横浜市明細地図』裏面)-地理学研究所-昭和32年(1957年)
1957-新横浜市街図 中央部(『横浜市明細地図』裏面)-地理学研究所-昭和32年(1957年).jpg

大正大震災の後再建して、昭和に確認できた貸座敷-楼と表記していない資料多し。

永楽町
勢州楼-永楽町1丁目8番地(第二)
第一和廣楼-永楽町1丁目8番地
一圓楼-永楽町1丁目8番地
八幡楼-永楽町2丁目17番地
五十鈴-永楽町2丁目17番地
双葉-永楽町2丁目17番地
松月-永楽町2丁目17番地
松島楼-永楽町2丁目20番地
一月楼-永楽町2丁目20番地
蓬莱楼-永楽町2丁目22番地
イロハ(第一)-永楽町2丁目20番地
橋本楼-永楽町2丁目22番地
二宮楼-永楽町2丁目22番地
伯一楼-永楽町2丁目23番地
勢州楼-永楽町2丁目23番地
三日月楼-永楽町2丁目26番地
寶槌楼-永楽町2丁目26番地

長盛⇔永盛楼、関係性不明

真金町
反町楼-真金町1丁目5番地
常盤楼-真金町2丁目14番地
金月楼-真金町2丁目16番地
一力楼-真金町2丁目19番地
金田楼-真金町2丁目20番地
海月楼-真金町2丁目20番地
蓬泉楼-真金町2丁目20番地
松月楼-真金町2丁目20番地


永真遊郭-貸座敷(抜粋)~カフェ(抜粋)
大正12年(1923年)~昭和20年(1945年)~昭和33年3月(1958年)
貸座敷からカフェに転業した店、廃業した店、カフェとして新規開店も含むが、番地、店名など古い時期の情報を優先の爲、廃業後に同所に別の人がカフェを開いていることがあります。

永楽町

永楽町1丁目6番地~16番地
厚福・二三四・りせん・ニューヨーク・越路・いろは(イロハ)本店・次郎・ぼたん・喜栄(喜楽)・一圓楼・勢州楼・第一和廣楼・スター・プリンス

永楽町2丁目17番地~20番地
八幡楼・五十鈴・双葉・㐂よし・モンパリ・松月・高勢楼(本店)・一元・
長盛(第二)・金魚・成田・大松・大黒・ときわ・ミナト・寿々代・甲家(きのや)・福住・みうら家・銀月・松島楼・一月楼・松葉(第三)・パナマ・花松葉・金城・明野・一富士・第一イロハ

永楽町2丁目21番地~22番地
長盛(本店)・二宮楼・梅本楼・金泉・宝國・蓬莱(ホーライ)・角海老・橋本楼・稲本・キューピー・金泉・エデン・マサキ

永楽町2丁目23番地~26番地
さくら・辰巳・勢州・伯一・むさし・松竹・金宝・秋月・スイス・浜千鳥・日盛・三日月楼・辰巳・寶槌楼

真金町

真金町1丁目
真金町1丁目1番地~11番地
松葉(第二)・開運楼・旭屋・金松・反町楼・金清楼・一休・ゑび寿・コトブキ・㐂代志・松葉(本店)・金吉(第一)・金吉(第二)ふじや・かめの家

真金町2丁目
真金町2丁目13番地~17番地
三原・恵比寿・金亀楼・ミス東京・みの里・若竹(第二)・姫・三宗楼・三美楼・常盤楼・太陽楼・松好・金華(きんか)楼・松島楼・金重楼・辰海老・金車・美どり・繁好(第一)・一福・開盛楼・みずほ・金月楼・大宝楼・山水・金栄

真金町2丁目18番地~19番地
かもめ・高勢(第二)・美松・さんみ・さくら・正直・寿々め・松金家・辰川・三喜(第一)・一力楼・分松葉・ますみ・松之家・天津屋・上林・美由紀・松福

真金町2丁目20番地~23番地
蓬泉楼・榛名楼・金田楼・海月楼・ダイヤ・黒猫・姫松・七福・美船・楽園・蓬名楼・倉田楼・富士楼・富士見楼・松月楼・ライオン・ラッキー・若葉・水月・ローマ・美由紀・上林・クリスター・八景・タイガー・ルビー・モンタナ・女神・金蓬莱・仙蓬莱・金久・ユタカ・鈴芳・三㐂松・第一松葉・富久本楼


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント