Tokyo-31

Tokyo-31
台東区
20年12月12日(土)
台東区の寺社-3

浅草松葉町
明治2年(1869年)-正定寺、松源寺等、5ヶ町の門前町と浅草浅留町、浅草坂本町が合併し起立。
明治11年(1878年)11月2日-東京府浅草区浅草松葉町。
明治44年(1911年)-町名につけていた浅草は昭和22年(1947年)まで廃止された。
昭和18年(1943年)7月1日-東京都発足、浅草区松葉町。
北側一部が下谷区に編入、下谷区入谷町の一部を編入。
昭和22年(1947年)3月15日-浅草区と下谷区が合併、台東区を新設。
東京都台東区浅草松葉町。
昭和40年(1965年)8月1日-住居表示実施。
松が谷一丁目・二丁目・三丁目に編入となり浅草松葉町消滅。

矢先稲荷神社
台東区松が谷二丁目14-1
寛永19年(1642年)11月-三十三間堂(徳川家光開基)の守護神として祀られた稲荷大明神を起源と伝わる。
三十三間堂は弓矢の練成道場との由来と的先に在ることから、矢先稲荷神社と称した。
元禄11年(1698年)-三十三間堂は大火にあい焼失後に深川へ移転。
元禄14年(1701年)-移転地は富岡八幡宮の東側。
明治5年(1872年)-江戸三十三間堂は廃されて堂宇は破却。
稲荷も移転を命じられたが、住民の懇願により当地の産土神として残ることを許された。
祭神-倉稲魂命
浅草七福神-福禄寿
大正12年(1923年)9月1日-関東大震災、被災状況不詳。
昭和20年(1945年)-東京大空襲、焼失。
戦後仮殿造営。
昭和35年(1960年)11月9日-RC造の現社殿が再建された。
拝殿の格天井には、神武天皇の御世から今日にいたる「日本馬乗史」を描いた百枚の絵が奉納されている。
海老根駿堂氏作-昭和35(1960年)年から約5年がかりで製作、奉納された。
脇入り口には狛犬。
阿吽共に尾立ち、左子持ち、右玉持ち。
矢先稲荷-由緒
矢先稲荷.jpg

浅草阿部川町
寛永13年(1636年)-御小人衆の拝領大縄地となる。
元禄9年(1696年)5月-代官(細井九左衛門)支配地、浅草阿部川町と称した。
町名の由来は、御小人・川村太四郎の先祖が鎮守の孫三稲荷とともに駿河国安倍川から移住したことに由来。
明治11年(1878年)11月2日-東京府浅草区浅草阿部川町。
明治22年(1889年)5月1日-東京府東京市浅草区浅草阿部川町。
明治44年(1911年)-町名につけていた浅草は昭和22年(1947年)まで廃止された。
昭和11年(1936年)-菊屋橋一・二丁目に編入となり阿部川町消滅。
昭和18年(1943年)7月1日-東京都発足。
昭和22年(1947年)3月15日-浅草区と下谷区が合併、台東区を新設。
昭和39年(1964年)-住居表示実施により浅草菊屋橋消滅。
浅草菊屋橋一丁目は寿一丁目、元浅草三丁目。
浅草菊屋橋二丁目は寿二丁目、元浅草四丁目。
阿部川町→菊屋橋→元浅草

孫三稲荷神社-孫三神社
台東区元浅草3-19-7
旧住所表示-東京府浅草区浅草阿部川町。
旧住所表示-東京府東京市浅草区浅草菊屋橋一丁目。
天正十八年(1590年)-家康の命により川村某の手により駿河國安倍川の鎮守「孫三稲荷」を江戸の神田三河町に遷座。
慶安年中(1648年~1652年)-阿部川町に鎮座。(教育委員会)
寛永13年(1636年)-直参御家人衆(御小人)屋敷地として賜り移り住み孫三神社も現地を拝領し此所に安置し奉る。(境内石碑)
社号標には「元禄九年五月開町?阿部川町名称」とある。
元禄9年(1696年)-代官支配地、浅草阿部川町と称した。
大正12年(1923年)9月1日-関東大震災、(焼失)。
昭和20年(1945年)-東京大空襲(焼失)。
昭和26年(1951)年-安倍川町・菊屋橋町会によって、社殿再建。
祭神-宇賀魂神
お狐様-阿吽共に牙を剥きだしている。
左は巻物を咥え子持ち、右は宝珠を咥え珠持ち。
孫三稲荷-台東区教育委員会
孫三稲荷-台東区教育委員会.jpg

感応稲荷神社
台東区西浅草三丁目16-2
創建-年代不詳。
武蔵国豊島郡江戸郷芝崎(現在の千代田区大手町)に鎮座。
天正19年(1591年)-本銀町に遷座「感應稲荷明神」。
文禄元年(1592年)、明暦3年(1657年)と鎮座地が移り浅草柴崎の地に落ちついた。
江戸末期-日輪寺の境内に鎮座も明治に入り分離。
祭神-記載文書なし。
お狐様-落ち着いた雰囲気ですっきりと背筋が伸びていて、持ち物は阿吽共になし。
浅草神社の兼務社。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント