Tokyo-39

Tokyo-39
台東区
21年1月21日(木)
台東区の寺社-11

浅草諏訪町
江戸初期にはスワ町が存在していた。
明治5年(1872年)-この年まで浅草寺領。
明治22年(1889年)5月1日、東京府東京市浅草区浅草諏訪町。
明治44年(1911年)-町名につけていた浅草は昭和22年(1947年)まで廃止された。
昭和9年(1934年)-東京市浅草区駒形一丁目に編入となり諏訪町消滅。
駒形一丁目は諏訪町、黒船町、新猿屋町が統合。
駒形二丁目は駒形町、三間町が統合。
昭和22年(1947年)3月15日-浅草区と下谷区が合併、台東区を新設。
台東区浅草駒形一丁目・二丁目。
昭和39年(1964年)-住居表示実施で再編成される。
台東区駒形一丁目・二丁目。


諏訪神社
台東区駒形一丁目4-15
創建-年代不詳。
口碑に依りますと「後冷泉天皇の御世である」と云われ、又一説には「承久の乱(1221年)の後信濃国諏訪郡小日村の神主が諏訪大社の御分霊を当地に奉斎したのに始まる」と云われております。(境内掲示)
別当-修善院
祭神-健御名方神・八坂刀売神。
鳥居の扁額は緑色、題字は白。
狛犬-小ぶりながらしっかりし造りだ。
阿像の頭には髷がある、吽像は足が破損したか。
浅草諏訪神社.jpg

浅草芝崎町
振袖火事・明暦の大火-明暦3年1月18日(1657年3 月2日)~20日(1657年3 月4日)後に日輪寺、東光院、天嶽院等の寺地とされる。
元禄年間(1688年~1703年)-門前町形成。
明治2年(1869年)-浅草日輪寺門前と浅草東光院門前を合併して浅草芝崎町起立。
明治44年(1911年)-町名につけていた浅草は昭和22年(1947年)まで廃止された。
昭和18年(1943年)7月1日-東京都発足、浅草区芝崎町。
昭和22年(1947年)3月15日-浅草区と下谷区が合併、台東区を新設。
東京都台東区浅草芝崎町。
昭和40年(1965年)8月1日-住居表の実施、全域が西浅草三丁目に編入となり浅草芝崎町消滅。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント