Tokyo-32

Tokyo-32 台東区 21年1月1日(金) 台東区の寺社-4 千束と竜泉 室町時代初期からこの辺り一帯を「千束郷」と呼んだ。 龍泉寺町の名称は古刹龍泉寺に因み寺周辺から新吉原附近まで及びこの一帯を「龍泉寺村」と呼んだ。 後に下谷龍泉寺町となり明治2年(1869年)下谷龍泉町となる。 さらに北豊島郡・下谷区と浅草区…
コメント:0

続きを読むread more

謎多き寛永寺-5

20年12月30日(水) 寛永寺子院 公式ページで疑問に思ういくつかの子院を調べてみた。 林光院・見明院・元光院 明治3年(1871年)6月-見明院、妙教院が大学東校の使用として買い上げられる。 明治東京全図-明治9年(1876年)版には林光院・元光院は元の地にある。 林光院-東京府東京市下谷区上野桜木町34-1…
コメント:0

続きを読むread more

謎多き寛永寺-4

20年12月23日(水) 宝樹院 将軍の母親を調べていると四代家綱の生母に興味を覚えた。 ウイキには娘時代の名前はお蘭。側室名はお楽の方。別名、高島御前と出ている。 三代家光-慶安4年4月20日(1651年6月8日)48歳死去。 大猷院殿霊廟は承応元年(1652年)建立 四代家綱-延宝8年5月8日(1680年6月4日…
コメント:0

続きを読むread more

謎多き寛永寺-3

20年12月22日(火) 切絵図や寺・神社関係の文書や、歴史と思われている文書を鵜吞みにしなくなったのは何時の頃からだろう。 よく参考にする江戸切絵図の間違いに調べが進むと多いことに驚いた。 東都浅草に描かれる寛永寺だが。 山門は文殊楼、別名吉祥閣。 山門を抜けると荷担堂。 法華堂(東)と常行堂(西)の間に渡殿を設けてあるの…
コメント:0

続きを読むread more

謎多き寛永寺-2

20年12月21日(月) 涼泉院=霊仙院、なんてことあるのかな。 廃院になった涼泉院は資料がほとんどなくて絵図から場所をたどったが、幕末から正徳までは中堂西-泉龍院跡地に確認できたが、それ以前は見つけられない。 妄想 ヨ大を合わせて霊というのはわかるが、音読みでレイ・リョウ、と読ませさらに仙(セン)は泉(セン・イズミ)と同音…
コメント:0

続きを読むread more

謎多き寛永寺

20年12月20日(日) 謎の多い子院だが。 寛永寺に謎のヨに大と書く霊仙院が本坊西にあった、江戸大絵図-元禄十二年(1699年)版。 増上寺に葬られた霊仙院長誉慈光松月大姉が綱吉の異母姉。 綱吉は姉のための霊廟を建てたのだろうかと絵図を調べていると江戸大絵図-延宝6年(1678年)版にも出ている。 これで話は振出だ、いく…
コメント:0

続きを読むread more

Tokyo-31

Tokyo-31 台東区 20年12月12日(土) 台東区の寺社-3 浅草松葉町 明治2年(1869年)-正定寺、松源寺等、5ヶ町の門前町と浅草浅留町、浅草坂本町が合併し起立。 明治11年(1878年)11月2日-東京府浅草区浅草松葉町。 明治44年(1911年)-町名につけていた浅草は昭和22年(1947年)まで廃止…
コメント:0

続きを読むread more

Tokyo-30

Tokyo-30 台東区 20年12月8日(火) 台東区の寺社-2 加賀美久米森稲荷神社 台東区浅草橋三丁目16-8 旧住所表示-東京府東京市浅草区浅草猿屋町九 創建-加賀美太夫の邸内社「加賀美稲荷社」 次の資料を用いるサイトが多いが当てにしていいのだろうか。 加賀美太夫、条太夫という越後国猿屋村の猿曳が諸国漂泊の…
コメント:0

続きを読むread more

Tokyo-29

Tokyo-29 台東区 20年12月6日(日) 台東区の寺社-1 蔵前四丁目 この小さなエリアに二つの小さな稲荷社がある。 春日通りが東西、国際通りが南北に交差する寿三丁目交差点南西側だ。 ただこの辺り昔の地名が入り組んでいる。 四丁目の南半分は東京市浅草区新旅籠町。 その北側には安政板切絵図には西福寺という大き…
コメント:0

続きを読むread more

Tokyo-28

Tokyo-28 中央区 20年11月29日(日) 中央区の寺社-17 智泉院鎧島山-天台宗 中央区日本橋茅場町1-5-13 旧住所表示-日本橋茅場町一の十四 旧住所-南茅場町二十九番地 創建-寛永12年(1635年)薬師堂。 本尊-薬師如来 太田道灌が自分の領地の相模国大庭村より薬師如来を江戸に移したと伝わ…
コメント:0

続きを読むread more

Tokyo-27

Tokyo-27 中央区 20年11月27日(金) 中央区の寺社-16 身延別院-日蓮宗 中央区日本橋小伝馬町3-2 創建-明治16年(1883年)、身延山久遠寺の別院(祖師堂)として建てられた。 本尊-日蓮聖人坐像 大震災・空襲を無事に遁れる。 大正12年(1923年)9月1日-関東大震災、焼失。 昭和3年(1…
コメント:0

続きを読むread more

Tokyo-26

Tokyo-26 中央区 20年11月26日(木) 中央区の寺社-15 築地本願寺(西本願寺東京別院)-浄土真宗本願寺派 中央区築地3-15-1 創建-元和3年(1617年)浅草門内浜町に浅草御堂、「江戸御坊」「お西さま」。 開基-本願寺第十二世准如上人の発願。 本尊-阿弥陀如来立像(伝聖徳太子作) 振袖火事・…
コメント:0

続きを読むread more

Tokyo-25

Tokyo-25 中央区 20年11月25日(水) 中央区の寺社-14 佃島 天正18年(1590年)徳川家康関東下降に際し、摂津国佃の漁夫33人と住吉の社(田蓑神社)の神職平岡大夫の弟、権大夫好次が分神霊を奉戴して江戸にくだり、寛永年間に幕府より鉄砲洲向かいの干潟を賜り、築島工事を起こし、正保2年(1645年)に竣工…
コメント:0

続きを読むread more

Tokyo-24

Tokyo-24 中央区 20年11月24日(火) 中央区の寺社-13 水天宮-日本橋七福神 中央区日本橋蛎殻町2-4-1 創建-文政元年(1818年)久留米藩主有馬頼徳公が芝赤羽根橋上屋敷内に久留米市水天宮の御分霊を勧請。 藩邸の移動に伴い、青山へ遷座。 明治5年(1872年)11月1日-蛎殻町に遷座。 祭神…
コメント:0

続きを読むread more

Tokyo-23

Tokyo-23 中央区 20年11月23日(月) 中央区の寺社-12 大伝馬町(おおでんまちょう) 慶長11年(1606年)-呉服橋内から本町通りへ移転。 佐久間善八・馬込勘解由は大伝馬町に、吉沢主計・高野新右衛門・小宮善右衛門は南伝馬町に、宮辺又四郎は小伝馬町にそれぞれ土地を与えられ、傳馬役を務めることとなった…
コメント:0

続きを読むread more

Tokyo-22

Tokyo-22 中央区 20年11月22日(日) 中央区の寺社-11 松島町(まつしまちょう) 元禄11年(1698年)-町奉行川口摂津守、松平伊豆守両組の組屋敷となり中組。 正徳3年(1713年)-松島町の名前が起こる。 慶応4年5月12日(1868年7月1日)-江戸府松島町。 明治11年(1878年)1…
コメント:0

続きを読むread more

Tokyo-21

Tokyo-21 中央区 20年11月21日(土) 中央区の寺社-10 佃町(つくだちょう) 江戸期以前は隅田川河口部分に森島、鎧島等と呼ばれる島があった。 佃島-家康が江戸に入った時に命を救ってくれた摂津佃村の漁民たちを江戸に呼び寄せ、特別の漁業権を与えた。 石川島-寛永3年(1626年)旗本石川八左衛門重次が徳…
コメント:0

続きを読むread more

Tokyo-20

Tokyo-20 中央区 20年11月20日(金) 中央区の寺社-9 八丁堀 八丁堀といえば、町奉行与力・同心の住まいするところと名が響く。 八丁堀がつくのは本八丁堀・南八丁堀・八丁堀仲町。 慶応4年5月12日(1868年7月1日)、江戸府八丁堀。 明治11年(1878年)11月2日-東京府京橋区。 明治2…
コメント:0

続きを読むread more

Tokyo-19

Tokyo-19 中央区 20年11月19日(木) 中央区の寺社-8 歌舞伎稲荷神社 中央区銀座4-12-15 創建-年代不詳。 祭神-記載文書なし。 社の幟に歌舞伎稲荷大明神。 鉄砲洲稲荷から勧請と伝わる、平成25年(2013年)に建て替えられたときに正面右の地下鉄出入り口の脇に遷座された。 噂-屋上に奥宮…
コメント:0

続きを読むread more

Tokyo-18

Tokyo-18 中央区 20年11月18日(水) 中央区の寺社-7 銀座 昭和22年に中央区が誕生する前は京橋区。 ウイキペディアにある地域の元の町名地図 https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/9/9d/Ginza-townmap-kyobashiwar…
コメント:0

続きを読むread more

Tokyo-17

Tokyo-17 中央区 20年11月17日(火) 中央区の寺社-6 兜町 明治4年(1871年)までに武家地を収公し兜町として起立。 明治6年(1873年)7月20日-第一国立銀行本店が開業。 明治11年(1878年)-東京証券取引所の前身である東京株式取引所が設立。 明治22年(1889年)5月1日-東…
コメント:0

続きを読むread more

Tokyo-16

Tokyo-16 中央区 20年11月16日(月) 中央区の寺社-5 堀留町 堀留川の北詰に一・二丁目。 二丁目には椙森稲荷社があり、「椙森新道」と俗称されていた。 明治2年(1869年)-南側の庄助屋敷(椙森稲荷参道東側)を三丁目に改称。 昭和7年(1932年)-一丁目を本町二丁目に編入。 堀留二・三丁目に新…
コメント:0

続きを読むread more

Tokyo-15

Tokyo-15 中央区 20年11月15日(日) 中央区の寺社-4 薬研堀町(やげんぼりちょう) 正保年間(1645年~1648年)-「谷之御蔵」又は「矢之倉」と称した米蔵が置かれ、薬研堀は矢之倉に至る入堀として開削。 元禄11年(1698年)-米蔵が火災を契機に築地に移転。 明和8年(1771年)-薬研堀は埋…
コメント:0

続きを読むread more

Tokyo-14

Tokyo-14 中央区 20年11月14日(土) 中央区の寺社-3 小伝馬上町(こでんまかみちょう) 小伝馬町の上(北側)に位置した。 慶応4年5月12日(1868年7月1日)-江戸府小伝馬上町。 明治11年(1878年)11月2日-東京府日本橋区小伝馬上町。 明治22年(1889年)5月1日-東京府東…
コメント:0

続きを読むread more

Tokyo-13

Tokyo-13 中央区 20年11月13日(金) 中央区の寺社-2 亀井町 天和年間(1681年~1683年)-寺院・武家屋敷が移転し、跡地に町屋を起立。 明治2年(1869年)-北の元岩井町埋立地、柳原岩井町納地が合併。 明治9年の明治東京全図では元岩井町。 明治11年(1878年)11月2日-東京府日本橋区…
コメント:0

続きを読むread more

Tokyo-12

Tokyo-12 中央区 20年11月12日(木) 中央区の寺社-1 箱崎町 安政6年板の切絵図では、箱崎川に面し東西に箱崎町一・二丁目が並び、南部は武家地だった。 一丁目の河岸地は「山谷河岸」と呼ばれていた。 明治5年(1872年)-下総関宿藩久世氏邸跡を二丁目に併合。 下総古河藩土井氏下屋敷等の武家地は三・四…
コメント:0

続きを読むread more

勝てば官軍

20年11月9日(月) 駄々っ子ドナルド対民主党リベラル 民主党勝利と浮かれる人たちの集団。 ドナルドの負けは黒人への警官の暴力はドナルドのせいだ、コロナの蔓延はドナルドのせいだとあおったマスコミ。 さらに郵便投票が認められたことでドナルドの敗戦は濃厚だったが、過去最高の票を集めた共和党は大善戦だ。 勝てば官軍で、ノーサイ…
コメント:0

続きを読むread more

Tokyo-11

Tokyo-11 千代田区 20年11月8日(日) 千代田区の寺社-10 カトリック神田教会 千代田区西神田1-1-12 旧住所表示-神田区猿楽町6、7、8番地 明治5年(1872年)-番町の旧旗本亀井勇之助の家屋敷を借り受け、神学校を新設。 教会創建-明治7年(1874年)1月・学校も同所(猿楽町)に移転。 …
コメント:0

続きを読むread more

Tokyo-10

Tokyo-10 千代田区 20年11月3日(火) 千代田区の寺社-9 千代田区内のお寺は名前は分かっても情報がほとんどない。 神田寺-浄土宗 千代田区外神田3-4-10 至徳元年(1384年)-品川に創建され深川に移転の法禅寺。 万冶元年(1658年)-創建の安民寺。 昭和22年(1947年)-上記の2寺…
コメント:0

続きを読むread more

Tokyo-9

Tokyo-9 千代田区 20年11月2日(月) 千代田区の寺社-8 外神田四丁目-元神田田代町。 寛政5年(1793年)-湯島から火が出て神田川周辺にあった町が類焼し、町の一部が火除地とされた。 御成の旗本永井伊織の屋敷跡が代地として与えられ、この一帯は神田須田町二丁目代地・小柳町三丁目代地・神田松下町一丁目代地・…
コメント:0

続きを読むread more