テーマ:Tokyo

Tokyo-46

Tokyo-46 台東区 21年2月13日(土) 台東区の寺社-18 浅草寺金龍山-聖観音宗総本山 台東区浅草二丁目3-1 創建-推古天皇36年(628年) 檜前浜成・竹成兄弟が漁をしている最中、投網の中に一躰の像を発見した。 土地の長の土師中知に見せると、聖観世音菩薩の尊像であるとわかった。 本尊-聖観世音菩薩 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tokyo-45

Tokyo-45 台東区 21年2月11日(木) 台東区の寺社-17 上野東照宮 台東区上野公園9-88 創建-寛永4年(1627年)東照社。 慶安4年(1651年)-三代将軍・徳川家光公が造営替(現存)。 上野戦争-慶応4年(1868年)5月15日・被災なし。 神仏分離令の為境内の五重塔を寛永寺に譲渡(現在東京都…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tokyo-44

Tokyo-44 台東区 21年2月6日(土) 台東区の寺社-16 下谷竹町 浅草の竹町は現雷門二丁目。 明治5年(1872年) 出羽秋田(久保田)藩佐竹家20万8000石上屋敷・伊勢津藩藤堂家32万3000石中屋敷・伊予大洲藩加藤家6万石中屋敷・出羽矢島藩生駒家1万5000石上屋敷を含む近隣の武家地が合併して起立。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tokyo-43

Tokyo-43 台東区 21年2月4日(木) 台東区の寺社-15 下谷上根岸町 明治22年(1889年)-東京府北豊島郡金杉村のうち、石神井用水以南が東京府東京市下谷区に編入される。 明治24年(1891年)-下谷上根岸町、下谷中根岸町、下谷下根岸町として起立。 昭和18年(1943年)7月1日-東京都発足、下谷上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tokyo-42

Tokyo-42 台東区 21年2月1日(月) 台東区の寺社-14 新鳥越 正保2年(1645年)-浜町矢の倉にお蔵建設に伴って元鳥越の地は幕府御用地とされたため、熱田神社は移転が命じられる。 武蔵国豊島郡三谷村の北端に替地が定められ、同年6月には社殿を造営、氏子数十戸と共に遷座奉祀した。 町名は新鳥越と改められ、以降…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tokyo-41

Tokyo-41 台東区 21年1月23日(土) 台東区の寺社-13 三島神社-本社三島神社 台東区寿四丁目9-1 創建-元寇の弘安の役の際に河野通有が伊予国大三島神社に必勝祈願した後、上野金杉村に分霊を勧請。 慶安3年(1650年)、徳川家光より社地移転を命じられ、金杉村に遷座。 宝永7年(1710年)-浅草小揚町…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tokyo-40

Tokyo-40 台東区 21年1月22日(金) 台東区の寺社-12 下谷入谷町 入谷田圃-入谷一帯は嘗て千束池で天正年間(1573年~1592年)、村民が池を埋め立て田にしたと云う。 明治24年(1891年)-下谷区下谷入谷町起立。 明治初年頃-鬼子母神で毎年7月上旬に開かれる朝顔市はじまる。 恐れ入谷の鬼子母神は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tokyo-39

Tokyo-39 台東区 21年1月21日(木) 台東区の寺社-11 浅草諏訪町 江戸初期にはスワ町が存在していた。 明治5年(1872年)-この年まで浅草寺領。 明治22年(1889年)5月1日、東京府東京市浅草区浅草諏訪町。 明治44年(1911年)-町名につけていた浅草は昭和22年(1947年)まで廃止された。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tokyo-38

Tokyo-38 台東区 21年1月20日(水) 台東区の寺社-10 鳥越神社-鳥越明神 台東区鳥越二丁目4-1 創建-伝孝徳天皇白雉二年(651年) 八幡太郎義家公奥州征伐(前九年の役)の折、白い鳥に浅瀬を教えられ、軍勢をやすやすと渡すことができたとき、鳥越大明神の御社号を奉られたいわれる。 伝承-景行天皇の御代、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tokyo-37

Tokyo-37 台東区 21年1月19日(火) 台東区の寺社-9 熊谷稲荷大明神-日蓮宗長瀧山本法寺 台東区寿二丁目9-7 創建-享保年間の頃雷門の浅草寺境内にあった熊谷稲荷を熊谷安左衛門の菩提寺である本法寺に勧請。 熊谷稲荷の白狐-人間に福徳をわかつ福狐として白狐だけが稲荷大明神の御眷属にえらばれる資格があると云わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tokyo-36

Tokyo-36 台東区 21年1月18日(月) 台東区の寺社-8 稲荷町 振袖火事・明暦の大火-明暦3年1月18日(1657年3 月2日)~20日(1657年3 月4日)後、江戸各地の寺院がこの付近に移転。 唯念寺、成願寺、宗源寺、西蓮寺の各門前に町屋が形成された。 唯念寺門前町屋-「稲荷町一丁目」。 成願寺門前町…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tokyo-35

Tokyo-35 台東区 21年1月17日(日) 台東区の寺社-7 境稲荷神社 台東区池之端一丁目6-13 旧住所表示-東京府東京市下谷区下谷茅町2丁目 創建-文明年間(1469年~1487年)-足利九代将軍義尚により創祀。 忍が岡と向が岡の境に鎮座し、境稲荷と称されていた。 忍ケ丘-上野公園(台東区)。 向ケ岡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tokyo-34

Tokyo-34 台東区 21年1月9日(土) 台東区の寺社-6 浅草田町 万治3年(1660年)-砂利場、江戸城修築の際に砂利採取場となる。 宝永元年(1704年)-町として正式に認可される。 「泥町」と称し、後に「浅草田町」と改称、一丁目・二丁目となる。 砂利場跡は一丁目、二丁目には編笠茶屋が軒を連ねた。 一・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tokyo-33

Tokyo-33 台東区 21年1月5日(火) 台東区の寺社-5 浅草町(あさくさちょう) 浅草駒形町町民が亀戸村へ移住を命じられたが、天和2年(1682年)頃、亀戸村は場末のため「渡世の相成兼候」との理由で町民は浅草に移り住み山谷浅草町を起立。 明治2年(1869年)-南側に接する浅草山谷町と区別するため、山谷浅草町を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tokyo-32

Tokyo-32 台東区 21年1月1日(金) 台東区の寺社-4 千束と竜泉 室町時代初期からこの辺り一帯を「千束郷」と呼んだ。 龍泉寺町の名称は古刹龍泉寺に因み寺周辺から新吉原附近まで及びこの一帯を「龍泉寺村」と呼んだ。 後に下谷龍泉寺町となり明治2年(1869年)下谷龍泉町となる。 さらに北豊島郡・下谷区と浅草区…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tokyo-31

Tokyo-31 台東区 20年12月12日(土) 台東区の寺社-3 浅草松葉町 明治2年(1869年)-正定寺、松源寺等、5ヶ町の門前町と浅草浅留町、浅草坂本町が合併し起立。 明治11年(1878年)11月2日-東京府浅草区浅草松葉町。 明治44年(1911年)-町名につけていた浅草は昭和22年(1947年)まで廃止…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tokyo-30

Tokyo-30 台東区 20年12月8日(火) 台東区の寺社-2 加賀美久米森稲荷神社 台東区浅草橋三丁目16-8 旧住所表示-東京府東京市浅草区浅草猿屋町九 創建-加賀美太夫の邸内社「加賀美稲荷社」 次の資料を用いるサイトが多いが当てにしていいのだろうか。 加賀美太夫、条太夫という越後国猿屋村の猿曳が諸国漂泊の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tokyo-29

Tokyo-29 台東区 20年12月6日(日) 台東区の寺社-1 蔵前四丁目 この小さなエリアに二つの小さな稲荷社がある。 春日通りが東西、国際通りが南北に交差する寿三丁目交差点南西側だ。 ただこの辺り昔の地名が入り組んでいる。 四丁目の南半分は東京市浅草区新旅籠町。 その北側には安政板切絵図には西福寺という大き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tokyo-28

Tokyo-28 中央区 20年11月29日(日) 中央区の寺社-17 智泉院鎧島山-天台宗 中央区日本橋茅場町1-5-13 旧住所表示-日本橋茅場町一の十四 旧住所-南茅場町二十九番地 創建-寛永12年(1635年)薬師堂。 本尊-薬師如来 太田道灌が自分の領地の相模国大庭村より薬師如来を江戸に移したと伝わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tokyo-27

Tokyo-27 中央区 20年11月27日(金) 中央区の寺社-16 身延別院-日蓮宗 中央区日本橋小伝馬町3-2 創建-明治16年(1883年)、身延山久遠寺の別院(祖師堂)として建てられた。 本尊-日蓮聖人坐像 大震災・空襲を無事に遁れる。 大正12年(1923年)9月1日-関東大震災、焼失。 昭和3年(1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tokyo-26

Tokyo-26 中央区 20年11月26日(木) 中央区の寺社-15 築地本願寺(西本願寺東京別院)-浄土真宗本願寺派 中央区築地3-15-1 創建-元和3年(1617年)浅草門内浜町に浅草御堂、「江戸御坊」「お西さま」。 開基-本願寺第十二世准如上人の発願。 本尊-阿弥陀如来立像(伝聖徳太子作) 振袖火事・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tokyo-25

Tokyo-25 中央区 20年11月25日(水) 中央区の寺社-14 佃島 天正18年(1590年)徳川家康関東下降に際し、摂津国佃の漁夫33人と住吉の社(田蓑神社)の神職平岡大夫の弟、権大夫好次が分神霊を奉戴して江戸にくだり、寛永年間に幕府より鉄砲洲向かいの干潟を賜り、築島工事を起こし、正保2年(1645年)に竣工…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tokyo-24

Tokyo-24 中央区 20年11月24日(火) 中央区の寺社-13 水天宮-日本橋七福神 中央区日本橋蛎殻町2-4-1 創建-文政元年(1818年)久留米藩主有馬頼徳公が芝赤羽根橋上屋敷内に久留米市水天宮の御分霊を勧請。 藩邸の移動に伴い、青山へ遷座。 明治5年(1872年)11月1日-蛎殻町に遷座。 祭神…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tokyo-23

Tokyo-23 中央区 20年11月23日(月) 中央区の寺社-12 大伝馬町(おおでんまちょう) 慶長11年(1606年)-呉服橋内から本町通りへ移転。 佐久間善八・馬込勘解由は大伝馬町に、吉沢主計・高野新右衛門・小宮善右衛門は南伝馬町に、宮辺又四郎は小伝馬町にそれぞれ土地を与えられ、傳馬役を務めることとなった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tokyo-22

Tokyo-22 中央区 20年11月22日(日) 中央区の寺社-11 松島町(まつしまちょう) 元禄11年(1698年)-町奉行川口摂津守、松平伊豆守両組の組屋敷となり中組。 正徳3年(1713年)-松島町の名前が起こる。 慶応4年5月12日(1868年7月1日)-江戸府松島町。 明治11年(1878年)1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tokyo-21

Tokyo-21 中央区 20年11月21日(土) 中央区の寺社-10 佃町(つくだちょう) 江戸期以前は隅田川河口部分に森島、鎧島等と呼ばれる島があった。 佃島-家康が江戸に入った時に命を救ってくれた摂津佃村の漁民たちを江戸に呼び寄せ、特別の漁業権を与えた。 石川島-寛永3年(1626年)旗本石川八左衛門重次が徳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tokyo-20

Tokyo-20 中央区 20年11月20日(金) 中央区の寺社-9 八丁堀 八丁堀といえば、町奉行与力・同心の住まいするところと名が響く。 八丁堀がつくのは本八丁堀・南八丁堀・八丁堀仲町。 慶応4年5月12日(1868年7月1日)、江戸府八丁堀。 明治11年(1878年)11月2日-東京府京橋区。 明治2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tokyo-19

Tokyo-19 中央区 20年11月19日(木) 中央区の寺社-8 歌舞伎稲荷神社 中央区銀座4-12-15 創建-年代不詳。 祭神-記載文書なし。 社の幟に歌舞伎稲荷大明神。 鉄砲洲稲荷から勧請と伝わる、平成25年(2013年)に建て替えられたときに正面右の地下鉄出入り口の脇に遷座された。 噂-屋上に奥宮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tokyo-18

Tokyo-18 中央区 20年11月18日(水) 中央区の寺社-7 銀座 昭和22年に中央区が誕生する前は京橋区。 ウイキペディアにある地域の元の町名地図 https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/9/9d/Ginza-townmap-kyobashiwar…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tokyo-17

Tokyo-17 中央区 20年11月17日(火) 中央区の寺社-6 兜町 明治4年(1871年)までに武家地を収公し兜町として起立。 明治6年(1873年)7月20日-第一国立銀行本店が開業。 明治11年(1878年)-東京証券取引所の前身である東京株式取引所が設立。 明治22年(1889年)5月1日-東…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more